中期経営計画

戻る

本中期経営計画では、持続的成長を実現するために3つの基本方針を定め、「最高の信頼を通じて、日本・アジアをリードし、お客さまと共に成長するグローバル金融グループ」というビジョンの実現に向けて、次のステージに進んでまいります。

中期経営計画(2017年度〜19年度)の概要

SMBC Group Next Stage

新体制の下、グループ総合力の結集と
構造改革の推進により、持続的成長を実現

動画配信
(カンパニー・ホットライン視聴画面へリンクします)

基本方針

財務目標

詳細ページへ

足許の経営環境を踏まえ、資本・資産・経費効率の改善に取り組み、質の高い金融グループを目指してまいります。
そこで、収益性の向上および、健全性の確保の観点から、3つの目標を設定いたしました。

資本効率

ROE

7〜8%程度

資本蓄積を進める中で少なくとも7%を確保

経費効率

経費率

2016年度比
△1%程度低下

早期に60%程度へ
(2016年度62.1%)

健全性

普通株式等・Tier1比率※1,2

10%程度

規制強化※1に対応した
資本水準を早期に確保(2016年度8.3%)

  • ※1国際金融規制強化の最終的な影響として、2020年度にリスクアセットが現状比+25%程度増加する前提で、最終化時ベースの目標を設定
  • ※2普通株式等Tier1からその他有価証券評価差額金、リスクアセットから株式評価益見合い分を控除

資本政策

2018年5月更新

詳細ページへ

  • 健全性確保、株主還元強化、成長投資をバランスよく実現
  • 株主還元は、配当を基本とするが、健全性確保を前提に、自己株取得も機動的に実施
  • 配当は持続的な利益成長を勘案し累進的に行うものとし、配当性向は次期中期経営計画期間中を目処に40%を目指す
  • 自己株取得は、資本の状況、業績動向、当社株価の水準、成長投資機会、資本効率向上等を考慮し判断する