株主・投資家の皆さまへ

A4サイズ 印刷用ページへ


三井住友フィナンシャルグループおよび三井住友銀行では、2014年5月に中期経営計画を策定しましたのでご紹介いたします。

10年後を展望したビジョン

最高の信頼を通じて、日本・アジアをリードし、
お客さまと共に成長するグローバル金融グループ

「アジア・セントリック」の実現

アジアビジネス強化を最重要戦略と位置付け、アジア屈指の金融グループを目指す

「国内トップの収益基盤」の実現

日本経済再興に積極的に貢献すると共に、お客さまへの対応力強化を通じ、高いマーケットシェアを獲得

「真のグローバル化」と「ビジネスモデルの絶えざる進化」の実現

グローバル・フランチャイズの拡大と経営インフラのグローバル化を進め、国内外において、環境変化を先取りしたビジネスモデルの絶えざる進化に取り組む

3ヵ年*の経営目標

  • 内外主要事業におけるお客さま起点でのビジネスモデル改革
  • アジア・セントリックの実現に向けたプラットフォームの構築と成長の捕捉
  • 健全性・収益性を維持しつつ、トップライン収益の持続的成長を実現
  • 次世代の成長を支える経営インフラの高度化

*2014年度から2016年度までの3年間

関連リンク


トップメッセージ

経営トップより、今後の経営方針などについてご説明しています。






このページの先頭へ