環境  〜持続可能な分かち合う地球へ〜

戻る

マネジメントアプローチ

社会課題への認識

産業革命前からの気温上昇を2℃未満に抑制することを規定した「パリ協定」が2016年に発効したことを受け、世界は低炭素・脱炭素社会に向けた動きを加速しています。また、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」においても気候変動、エネルギー、生物多様性などの長期的な環境課題が掲げられ、企業に対しても、事業を通じた一層の貢献が求められています。
金融サービス分野においては、世界規模での環境課題を解決しうる事業への資金提供や、投融資等における環境リスク評価の実施が求められているほか、これらを推進する従業員の環境教育も重視されています。

SMFGのアプローチ

SMFGは、事業活動における環境負荷軽減とともに、金融機能を活かし、経済面から地球環境保全へ貢献することを目指しています。お客さまの環境施策に対して、環境、新エネルギー、水、天然資源の4つのクラスターに注力した金融サービスを提供するとともに、炭素クレジット活用、環境経営コンサルティング等を推進することにより、持続可能な社会の発展とビジネス機会の創出を実現します。
これらを効果的に進めるために、次の3テーマを取り組むべき課題として設定しています。

  • 環境ビジネスの推進
  • 環境リスクへの対応
  • 環境負荷軽減への対応

SMFGのマネジメント

SMFGにおける環境マネジメントは、グループ環境方針、ISO14001を基盤としています。金融サービスにおいては、国連グローバル・コンパクトやエクエーター原則等のイニシアチブの指針・原則に基づいて事業を推進しています。

2016年度の活動総括と課題

2016年度は、環境評価型融資や再生可能エネルギーへのリースやファイナンス、環境関連債権の販売など、SMFG各社の業態に応じた環境ビジネスを推進しました。
環境負荷軽減への施策としては、ISO14001規格改定に対応した社内マニュアルの整備や、SMFG10社において温室効果ガスの排出量に関する第三者検証を実施したほか、海岸や河原の清掃活動「SMFGクリーンアップ」に年間1,000名を超える従業員やその家族が参加し、グループとして積極的に環境保全活動に取り組みました。また、国内外の環境展示会への出展や環境情報誌の発行を通じて、環境に関する情報や金融サービスの紹介にも努めました。
2017年度は、環境ビジネスの更なる推進や、環境マネジメントにおける新規格への対応を進めていきます。

主な指標

環境配慮等評価型融資/私募債取組実績(※)

約1兆7千億円

(三井住友銀行)
※ 取組を開始してから2016年度までの累計実績