コミュニティ
〜誰もが参画できる、特性ある健やかな地域へ〜

戻る

マネジメントアプローチ

社会課題への認識

未曽有の自然災害の発生や若年層の流出などにより、地域コミュニティの存続が国内外で危ぶまれています。災害を未然に防ぎ、災害発生時には復興に向け、助け合い、支え合う地域コミュニティの形成が必要です。
国内では、高齢化の急速な進展に加え、2016年4月に障害者差別解消法が施行されるなど、高齢者や障がい者の方々が安全・安心に生活し、活躍できる社会づくりが社会的な課題となっています。
金融サービス分野では、事業展開地域だけでなく、投融資先なども含めた幅広い地域コミュニティでの責任を認識し、取組を進めていくことが求められています。

SMBCグループのアプローチ

SMBCグループは、金融グループとしての高い公共性を認識し、事業活動を通じて社会の発展へ貢献することが重要であると考えています。一方で、日常業務を通じた社会への貢献に加え、豊かな社会を実現するための『良き企業市民』として、社会的責任を果たすべくさまざまな社会貢献活動を行っています。
これらを効果的に進めるために、次の3テーマを取り組むべき項目と設定しています。

  • 安心・安全なまちづくりの実現
  • 各種連携による社会包摂の推進
  • 大規模災害被災地への支援

SMBCグループのマネジメント

役員・従業員一人ひとりの社会参加を導くため、個人の主体性を重視した企業としての社会貢献活動に取り組むことで、ボランティア活動への役員・従業員参加人数の拡大を目指しています。

2017年度の活動総括と課題

2017年度は、誰もが安心してご来店いただける店舗づくりの一環として、認知症サポーターなど、店頭スタッフの各種資格取得を推進し、ユニバーサルマナーアワード2017を受賞しました。
従業員の給与天引きによるボランティア基金からは、NPOを通じて約2,100万円の寄付実施や、NPO主催の活動にはグループ全体で7,000名を超える従業が参加しました。
被災地への支援では、2011年から取り組んでいる東日本大震災、2016年4月に発生した熊本地震への復興支援に加え、2017年7月の北九州大雨被災地域への活動を開始し、年間で合計97名のSMBCグループ従業員やその家族が、倒壊家屋からの貴重品・家財運び出しやゴミ分別などのボランティア活動に参加しました。
2018年度は、東京オリンピック・パラリンピックに向けたボランティアの育成やプロボノなどを通じ、SMBCグループ一体となって、より多くの地域での社会課題に取り組んでいきます。

主な指標

役職員の社会貢献活動時間

延べ約3,300時間

役職員によるボランティア参加者数

延べ約7,000名

活動の内訳

NPO/NGO主催の活動への参加 535人
清掃活動 3,550人
オリパラ関連 107人
被災地ボランティア 109人
プロボノ 11人
その他
(地域活動への参加等)
2,642人

社会貢献活動方針

当社およびグループ各社は、『良き企業市民』としての役割を認識し、豊かで持続可能な社会の実現を目指し社会貢献活動を行います。この社会貢献活動を積極的に行うため、企業で活動を企画・実施するとともに、従業員のボランティア活動を支援します。