次世代  〜成熟と成長がバランスする活力ある社会へ〜

戻る

マネジメントアプローチ

社会課題への認識

先進国の少子・高齢化による人材・後継者不足や経済の停滞、新興国の急速な経済発展や都市化に伴う貧富の格差拡大など、活力ある持続可能な社会の実現には、国内外で解決すべき課題が数多く残っています。また、国連では、教育や健康、社会的保護、雇用機会といった幅広い社会的なニーズに全世界で取り組むことを目的とした「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。
金融サービス分野においては、事業を通じた能力構築や金融包摂の推進とともに、投融資などにおける人権配慮も含め、社会面でのリスク評価の実施が求められています。

SMBCグループのアプローチ

SMBCグループは、金融機能を最大限に活かし、次世代を担う産業・人材の育成や金融リテラシーの向上、新興国における健全な経済成長のための市場整備に貢献します。
これらを効果的に進めるために、次の3テーマを取り組むべき課題と設定しています。

  • 成長産業分野への支援
  • 新興国の社会課題への対応
  • 金融リテラシー教育の推進

SMBCグループのマネジメント

金融サービスは、国連グローバル・コンパクトやエクエーター原則などのイニシアチブの指針・原則に基づいて事業を推進しています。金融リテラシー向上においては、金融経済教育活動に参加する役員・従業員の拡大に向けた取組を進めています。

2017年度の活動総括と課題

2017年度は、地公体と連携した新規分野、ソーシャル・インパクト・ボンドへ取組みを開始しました。
海外においては、インドネシアにて支援する複数の職業訓練学校が、現地にてモデルケースとして認定され、ミャンマーにて支援している教育向上のためのプログラムも、日本の内閣府より紺綬褒章を受章しました。
また、金融リテラシー教育については、SMBCグループ一体となった施策を初めて実施し、グループ横断的な活動へと幅を広げましたほか、SMFGが発行する子ども向けの環境情報誌「JUNIOR SAFE」が金融行動原則特別賞を受賞するなど、SMBCグループの取組みが国内外で高く評価を受けました。 2018年度は、グループ横断的な取組を更に拡大していく予定です。

主な指標

金融経済教育を実施した人数 約14万人

延べ約14万名

対象別内訳

対象別内訳