企業の社会的責任(CSR)

A4サイズ 印刷用ページへ


ステークホルダーへの価値提供を通じて、社会全体の持続的な発展に貢献

SMFGはCSRへの取り組みにおいて、盤石な経営体制のもと、4つのステークホルダーにより良い価値を提供することを通じて、社会全体の持続的な発展に貢献することを目指しています。

SMFGグループのCSRへの取り組み

各ステークホルダーとの関係構築

  • お客さま:お客さまにより高い価値ある商品・サービスを提供し、お客さまとともに発展していきます。
  • 株主・市場:適切な情報開示を行うとともに、内部統制の整備を通じて、健全な経営を堅持し、株主価値の増大に努めます。
  • 社会・環境:社会貢献活動・環境活動に継続的かつ積極的に取り組み、社会への貢献、地球環境の保全などに努めていきます。
  • 従業員:人を尊重し、従業員がその能力を遺憾なく発揮できる企業風土を醸成していきます。

各ステークホルダーとの対話方法

ステークホルダーとの対話の詳細は、以下のリンク先をご覧ください。
ステークホルダー・ダイアログ

重点課題解決に向けたPDCAサイクル

SMFGは、社会環境の変化に合わせて、2013〜2014年度にかけて、従来掲げていた優先課題を見直し、新たに3つのテーマ「環境」「次世代」「コミュニティ」を中長期的な重点課題(マテリアリティ)として特定しました。2015年度には、有識者ダイアログの実施などを通じて、重点課題に応じて取り組むべき項目を更に特定し、グループ各社の具体的な活動へつなげています。

3つの重点課題解決に向けたPDCAサイクル




このページの先頭へ