企業の社会的責任(CSR)

A4サイズ 印刷用ページへ


社会全体の持続的な発展への貢献を目指して

現在、地球温暖化や人口の急増、先進国における少子化・高齢化の進行など、現代社会はさまざまな課題に直面しています。社会の持続的な発展に向けて、SMFGではこれらの課題解決に貢献するグローバル金融グループとしての役割を自らに問いかけ、実践していくことがSMFGの社会的責任、すなわちCSRと考えています。


CSRの基本方針

SMFGは、CSRの位置付けを明確にし、効果的に推進していくために、CSRの定義とCSRにおける共通理念である「ビジネス・エシックス」を定めています。


SMFGにおけるCSRの定義

事業を遂行する中で、①お客さま、②株主・市場、③社会・環境、④従業員に、より高い価値を提供することを通じて、社会全体の持続的な発展に貢献していくこと

SMFGのCSRにおける共通理念=ビジネス・エシックス

  1. 1. お客さま本位の徹底
    私たちは、お客さまに支持される企業集団を目指します。
    そのために、常にお客さまのニーズに合致するサービスが何かを考え、最良のサービスを提供することにより、お客さまの満足と信頼を獲得します。
  2. 2. 健全経営の堅持
    私たちは、自己責任原則に基づき、公正、透明かつ健全な経営を堅持する企業集団を目指します。
    そのために、株主、お客さま、社会等のステークホルダーとの健全な関係を維持しつつ、効率性と長期的視点に立った業務運営、適時かつ正確な情報開示を通じ、持続的な成長と健全な財務体質を堅持します。
  3. 3. 社会発展への貢献
    私たちは、社会の健全な発展に貢献する企業集団を目指します。
    そのために、企業の公共的使命と社会的責任を自覚し、広く内外経済・産業の安定的な発展に貢献する業務運営に努めると共に、「良き企業市民」として社会貢献に努めます。
  4. 4. 自由闊達な企業風土
    私たちは、役職員が誇りを持ちいきいきと働ける企業集団を目指します。
    そのために、人間性を尊重すると共に、高い専門性を持つ人材を育成し、もって、自由闊達な企業風土を醸成します。
  5. 5. コンプライアンス
    私たちは、常にコンプライアンスを意識する企業集団を目指します。
    そのために、私たちは、業務の遂行において常に、私たちのビジネス・エシックスを意識すると共に、監査や検査の指摘に対する速やかな行動を確保し、もって、法令諸規則や社会の良識に則した企業集団を確立します。

CSRと事業活動を一体で展開

SMFGにおいて、CSRは事業戦略の基盤であると同時に、経営方針/経営目標の達成に向けて事業戦略と一体で取り組むものと位置付けています。つまり、「最高の信頼を通じて、日本・アジアをリードし、お客さまと共に成長するグローバル金融グループ」という10年後を展望したビジョンに、SMFGが推進する事業戦略の方向性が合致しているかどうかをCSRの基本方針に照らして常に確認する一方、その中でいただいたお客さまや社会のニーズなどをCSR活動に反映していく、という考え方です。
CSRをまっとうすることは、まさに「経営そのもの」であり、CSRに真剣に取り組むことが、経営方針/経営目標達成への最短距離であると考えています。