ダイバーシティ&インクルージョンステートメント・
トップメッセージ

戻る

ダイバーシティ&インクルージョンステートメント

SMBCグループにとって最大の経営資源は「人材」であり、経営理念において、「勤勉で意欲的な社員が、思う存分にその能力を発揮できる職場を作る」と謳っています。

人種、国籍、年齢、性別、性的指向・性自認、宗教、信条、文化、障がい、キャリア、ライフスタイル、などに拘らず、多様なバックグラウンドを持つ社員が互いに尊重し合い、能力や個性を発揮し、働くことを通じてやりがいや成長を感じられる組織であることこそが、SMBCグループの「競争力の源泉」です。

価値観や属性の似通った人材で構成される組織よりも、多様な人材がそれぞれのバックグラウンドを活かして生き生きと活躍できる組織の方が、活力や革新性があります。

SMBCグループは、お客さまにより一層価値ある新たなサービスを提供し、あらゆるステークホルダーと共に持続的に成長するため、ダイバーシティ&インクルージョンをSMBCグループの「成長戦略そのもの」と位置づけ、グループ全体で推進していきます。

トップメッセージ

國部社長

SMBCグループには世界約40の国と地域に、およそ10万名の社員がいます。SMBCグループは多くの会社で構成され、各社ごとに際立った個性を持っています。社員の性別・年齢・国籍・価値観も多様です。当社にとっての最大の財産は、この「多彩な人材」にほかなりません。

変化の激しい現在の環境下では、新しい価値の創出が不可欠です。そこで私たちに求められるのが「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容)」です。

多様性は無限の可能性を秘めています。

バックグラウンドの異なる多彩な人材が、ベクトルを合わせながらも、前例にとらわれない新たな発想を積極的に出し合うことで、お客さまに高い付加価値をご提供できると考えています。

私は以前から、「ダイバーシティ&インクルージョンは競争力の源泉であり、成長戦略そのものである」と発信しています。この意義がSMBCグループの企業風土として組織の隅々まで浸透したとき、私たちは更に強いグループとなれる、そう信じています。

その実現に向けて、私自身が先頭に立ち、真の意味でのダイバーシティ&インクルージョン推進に軸をぶらすことなく、取り組んでいきます。

三井住友フィナンシャルグループ
取締役 執行役社長 グループCEO

國部毅

ダイバーシティ&インクルージョンステートメントに基づく取組