サステナビリティ経営体制

SMBCグループでは、サステナビリティを「現在の世代の誰もが経済的繁栄と幸福を享受できる社会を創り、将来の世代にその社会を受け渡すこと」と定義し、サステナビリティの視点を踏まえた経営をサステナビリティ経営と位置付けています。

SMBCグループのサステナビリティ経営体制

SMBCグループでは、取締役会メンバーである担当役員のグループCSOおよびグループ全体のサステナビリティの統括・推進を行うグループCSuO(Chief Sustainability Officer)の監督のもと、三井住友フィナンシャルグループ企画部サステナビリティ推進室がグループ全体のSDGsやESG推進施策を企画・立案しています。サステナビリティ推進室を中心に、関連部署と協働しながら、気候変動への対応をはじめとする取組を実行しています。

グループにおけるサステナビリティ経営の浸透に関する事項やサステナビリティを推進するために必要な諸施策については、グループCEOを委員長とする「サステナビリティ推進委員会」にて協議しています。また、2021年7月には、取締役会の内部委員会として、「サステナビリティ委員会」を新設しました。定期的にグループCSuO、グループCROがサステナビリティ委員会、リスク委員会へ報告を行う等、ガバナンス・経営管理体制の高度化を図っています。

SMBCグループでは、サステナビリティ経営を加速すべく、役員等の報酬体系にもESGへの取組を定性指標として組み込んでいます。

サステナビリティ推進計画の審議と進捗管理の体制

SMBCグループのサステナビリティ推進体制図