気候変動対策ロードマップ・アクションプラン

気候変動に関する基本的な考え方

パリ協定の採択以降、世界的に気候変動問題への対策が加速しています。日本政府も 2020年10 月、2050 年までに温室効果ガス(GHG)の排出を全体としてゼロにする「2050年カーボンニュートラル」を宣言し、脱炭素社会の実現を目指すことを公表しています。

こうしたなかSMBC グループは、2030 年までにSMBCグループ自身が排出するGHGをネットゼロとすることに加え、2050 年までに投融資ポートフォリオ全体でのGHG排出量をネットゼロとすることへコミットしています。

SMBCグループは前述の政府方針を支持するとともに、パリ協定の目標に沿って GHG排出量削減に真摯に取り組んでまいります。加えて、脱炭素社会への移行と実現に資するお客さまの取組を支援してまいります。


ニュースリリース:「温室効果ガス排出量ネットゼロへのコミットメントについて」

気候変動対策ロードマップ・アクションプラン

SMBCグループは、2050年カーボンニュートラルの実現に向けた行動を起こしています。具体的には、気候変動対策の長期行動計画を「気候変動対策ロードマップ」と称するとともに、短期的、中期的に実行する具体的な施策「アクションプラン」を定めていきます。アクションプランの第一段階として、現中期経営計画期間中に着手、実行する施策パッケージを「アクションプランSTEP1」としています。


気候変動対策ロードマップ・アクションプラン拡大画像を表示する

詳細については以下のリンク先をご覧ください。


ニュースリリース:「気候変動問題への対策強化について」
SMBC GROUP REPORT 2021
SMBCグループ TCFDレポート2021