環境先進企業トップインタビュー

戻る

トップインタビュー サッポロホールディングス株式会社 尾賀 真城氏

創業以来、140年以上にわたり「酒」「食」「飲」を中心として業界に先駆けたビジネスを展開してきたサッポログループ。札幌や銀座、恵比寿といったゆかりのある場所でまちづくりに取り組み、独自の価値を持つブランドを守り続けています。「潤いを創造し 豊かさに貢献する」を経営理念に掲げるサッポログループの過去・現在・未来について、サッポロホールディングス株式会社 代表取締役社長の尾賀真城氏にお話を伺いました。

受け継がれる2つの遺伝子

貴社の歴史は北海道開拓使の時代にまでさかのぼります。創業から現在に至るまでどのような変遷をたどってこられたのですか。

サッポロビールと聞くと、皆さんが「北海道の会社でしょ」とおっしゃいます。もちろんそれは事実なのですが、1876年に北海道・札幌で生まれた「開拓使麦酒醸造所」と、1887年に東京・銀座で生まれた「日本麦酒醸造会社」、この2つの遺伝子を我々は持っています。

もともと食というのはローカルなものですし、酒もそうだったのですが、ビールは装置産業なので、事業継続に耐えうるボリュームが必要になったときに寡占化していったという歴史があります。日露戦争に向かっていく中、軍事費調達のため酒税が厳しくなり、全国各地にあったビール会社の多くが廃業に追い込まれました。こうした背景もあって、1906年、開拓使麦酒醸造所を前身とする札幌麦酒と日本麦酒は、当時アサヒビールを販売していた大阪麦酒も加えて、3社による合併をしました。しかし、第二次世界大戦後、過度経済力集中排除法、いわゆる独占禁止法によって、今度は「日本麦酒」と「朝日麦酒」の2社に分割され、弊社は新たなスタートを切ることになりました。

「日本麦酒」から「サッポロビール」へ社名を変更されたのはなぜですか。

日本麦酒となった我々はブランドとして「ヱビスビール」と「サッポロビール」を引き継ぐのですが、これらのブランドをいったん止めて、星マークを付けた「ニッポンビール」の販売を始めました。2ブランド政策は資源の分散化になるから、ひとつに絞るべきだというのが当時の経営者の考えだったようです。それ自体はよかったと思うのですが、お客さま側からすると混乱があったのかもしれません。ニッポンビールの売上は苦戦し、北海道では「星マークのビールを売るのだったら、サッポロビールじゃないとだめだろう」という声が後を絶ちませんでした。星マークはもともとサッポロビールに付いていたもので、これは北海道開拓使のシンボル、北極星を表すものだったからです。

1956年、まず北海道でサッポロビールを復活させると爆発的に売れ、翌年から全国販売を始めました。すると、サッポロビールの人気がニッポンビールをだんだん逆転していったのです。それならばサッポロビールに一本化しようということになり、そのとき社名をどうするかが問題になりました。さまざまな議論がありましたが、最終的には1964年に会社名もブランド名と同じ「サッポロビール」に変更したというわけです。

信頼されるブランドであり続けるために

貴社では、CSRにどのように取り組んでおられるのですか。

ビールを本業、祖業とする弊社は「潤いを創造し 豊かさに貢献する」という経営理念を掲げており、CSRもこの経営理念をベースとして考えています。お客さまに喜んでいただき、社会に信頼されるグループであり続けなくてはならない。これを宣言すると同時にCSR上の11の重点課題をまとめ、「『酒・食・飲』による潤いの提供」「社会との共栄」「環境保全」「個性かがやく人財の輩出」という「4つの約束」に集約しました。

たとえば、「『酒・食・飲』による潤いの提供」では、うまいビールをつくることはもちろん、安全・安心という品質や新しい価値を提供していくことを課題としています。これは、どちらかというと今までの本業に近い考え方ですね。一方、「社会との共栄」には地域貢献であったり、原材料の生産者や供給者といった皆さんとの共栄であったり、そういった意味合いがありますし、「個性かがやく人財の輩出」では一人ひとりが能力を最大限に発揮できるよう働きやすい環境の整備に取り組んでいます。さらに、「環境保全」では、CO2削減や3Rの推進、自然との共生といったテーマを網羅しています。

「環境保全」では、具体的にどのようなことに取り組まれているのですか。

環境面では、もともとビール産業は優等生だと思います。というのも、ビールづくりには自然原料を使い、残渣は牛の飼料になりますし、リサイクルにも早くから取り組んできました。瓶ビールや樽生ビールの容器だけでなく、アルミの缶ビールも今やほぼ100%リサイクルされています。

ただ、今はそのほかにもリユースやリデュース、生物多様性といったことも考えていかなくてはなりません。最新技術で環境負荷を低減したり、敷地内に水生昆虫の棲むビオトープをつくったり、さまざまな取組を進めています。

最近のトピックスとして、サッポロビール千葉工場が竣工以来30年継続している緑化推進活動と地域貢献活動を評価され、「緑化優良工場等関東経済産業局長賞」を受賞しました。

貴社は、CSRはブランドストーリーを「繋ぐ」ためのものと位置づけておられます。これはどういうことでしょうか。

そんなに難しく言っているつもりはまったくないんです。CSRとか難しいことを言われても面白くないし、わかりにくいですよね。しかし、ブランドを磨くことだと考えれば、もっとわかりやすくなってくると思います。ブランドを磨くため、全体像を捉えながらあらゆる活動を積み重ねていく。あらためて個別の活動を見てみると、SDGsの何番に該当するとか、そういうことにもつながると思うのですが、入口をわかりやすくすることが大事だと考えています。

お客さまと我々の接点には商品、ブランドがあります。ブランドを磨くというのは、もっとおいしくなるように工夫したり、新しい価値を提供したり、古くならないようにデザインを変えたり、こうした作業を常にするということです。それが一番大事なところだと思っているのですが、今の企業はそれだけでお客さまの信頼を勝ち取ることができません。文化活動やスポーツに対する取組だったり、地域貢献だったり、環境対策だったり、企業が展開するあらゆる活動がトータルで整って初めて強いブランドになっていくし、お客さまとの信頼関係もさらに強くなっていくのだと思います。

お客さまから信頼されるブランドであることを常に意識されているのですね。

お客さまとブランドのつながりはとても強いものです。それを目の当たりにしたのは、1989年に「サッポロびん生ビール」を廃止して「サッポロドラフト」を発売したときでした。それまでの主力商品にはラベルに大きな星マークが付いていましたが、デザインを含めてリニューアルしました。我々は今まで以上によい商品をつくったと思っていたのですが、「それだったら飲まない」と、お客さまから総スカンを食らうことになったんです。飲食店が他社製品に切り替えるということも起こり始めて、半年もたたないうちに「サッポロ生黒ラベル」として復活させました。「黒ラベル」は「サッポロびん生ビール」の愛称でしたが、これを機に正式なブランド名として採用しました。

このことは「ブランドはメーカーだけのものではない」と考える原体験となりました。信頼を積み重ねるのは1歩ずつですが、壊れるときはすごく簡単です。絶対にお客さまを裏切ってはいけない。そのためにはブランドという意識を強く持っていなければなりません。

ゆかりのある街とともに

貴社は、創業以来ゆかりの深い札幌、銀座、恵比寿という場所を大切に守り育ててこられました。こうした場所は貴社にとってどのような存在なのでしょうか。

3つの場所はどれも人が集まる中心部で、そこで続けていくことがすごく大事であると感じています。「昔ここで生まれました」「今もここで商売させてもらってありがとうございます」「これからもここで頑張ります」という意思表示であり、過去、現在、未来へつながっていく話だと思います。

札幌には、ビール工場の跡地に建てた商業施設「サッポロファクトリー」があります。近隣には、製麦工場の建物を活用した「サッポロビール園」もあり、歴史のある場所でビールを味わうことができます。赤レンガの建物と煙突はどのビール会社にも残っていないもので、これは我々の資産であると同時に、北海道の文化遺産であり、産業遺産でもあります。

銀座は、かつて我々の本社があったところで、明治時代にビールを広く知っていただくためにビヤホールを初めてつくった場所です。今から銀座の土地を買ってビヤホールを開くことはできないと思いますが、昔から土地を持っている我々ならビヤホールを続けていくことができます。銀座は高級店ばかりと思われているかもしれませんが、ビヤホールではリーズナブルな価格でお召し上がりいただけますし、これは絶対意味があると思っています。

恵比寿では、今から25年前、工場の跡地に「恵比寿ガーデンプレイス」をつくりました。そのとき我々がこだわったのは、ビルを乱立させるような再開発事業ではなく、抜けがよい景観と緑を残すことです。まちづくりという部分では儲け主義に走らなかったといえると思うのですが、その結果、かつて近隣住民の間にあった反対の声は「やってくれてありがとう」というものに変わりました。最近では住みたい街ランキングで恵比寿が上位に選ばれるようになっていますが、これからもこの街をさらによくする余地があると感じています。

「サッポロビール博物館」
「サッポロビール園」と同じ敷地内にある「サッポロビール博物館」。
国内唯一のビールに関する博物館としてビール産業の歴史を紹介する。

江戸時代に藩主が城下町を守り育てたように、古来、日本には街を育てる文化があります。しかし、現代においては貴社のように街をゆっくりと育てていこうと考える企業はめずらしいのではないでしょうか。

酒類事業、食品・飲料事業、外食事業、さらにもうひとつの柱として不動産事業に取り組んでいますが、その目的はマンションを販売したり、建売住宅をつくったりすることではなく、我々のブランドの拠点である地域を中心として、まちづくりに携わることです。現在、サッポロビール園やサッポロファクトリーの周辺では再開発事業が進んでいますが、街が変化していく中にサッポログループがいるというのが面白いと思いますし、これから我々がやれることがまだあると感じています。こうした街にいることがお客さまとの接点の拡大になるのは事実ですし、もっとつながりを深めていきたいですね。

新技術を活用して品質を追求

安曇野池田ヴィンヤードでのAI(人工知能)導入やレモン栽培におけるICT(情報通信技術)活用等、意欲的に最新技術を導入されています。こうした技術は農業の現場をどのように変えていくのでしょうか。

効率化したい、無駄をなるべく省きたいという思いは農業でも同じです。ICTの活用はモノづくりの現場でどんどん広がっていくと思います。

たとえば、どのタイミングで何をすればブドウの味が甘くなるとか、そういうデータが取れるようになると、効率化だけでなく、おいしくなる、品質が向上するという可能性があります。AIはまだこれからという部分もありますが、進歩がすごく速い分野なので、今から将来の活用を見据えていく必要があると感じています。

圃場に設置されたAIシステム「ゼロアグリ」
国産レモンの生産安定化に向け、ICTを活用したレモンの栽培試験を開始。
(左)広島県大崎上島のレモン生産地。
(右)圃場に設置されたAIシステム「ゼロアグリ」。

新たなフロンティアを目指して

100年に一度の大変革の時代といわれます。明治維新から150年ですが、今を明治維新に例える経営者もいます。貴社はどのように受け止めていますか。

シンギュラリティ(※)と呼ばれるような時代がこれから来るとすれば、社会は激しく変化することになるでしょう。食の世界は最先端技術の世界とは少し異なり、変化は比較的緩やかだろうと思いますが、当然、影響は受けますし、新しい技術をうまく使っていかなければいけないと考えています。

2026年までにビール類の酒税は一本化されます。これは日本のビール業界にとって転機となるはずです。このとき、日本のビールがもっと楽しいというか、今までとは違うビール文化が栄えていなくてはならないと思っています。最初にお話ししたように、かつて各地にあったビール会社が寡占化したという歴史があり、残った大手ビール会社からいろいろな商品が販売されていますが、結局似たようなビールが多くなってしまった。だからこそ今、世界的に個性豊かなクラフトビールが流行しているのだと思います。こうした流れの中で、我々にしかできないことは何かを考えていく必要があります。

今は酔うためにアルコールを飲むという時代ではありません。一人ひとりの嗜好やシーンに合った飲み物が求められる中、総合酒類・飲料メーカーとしてできることを考えなければなりません。その中でもやはり特にビールにこだわり、「これからの時代にふさわしい新しいビールがご提供できます」と示すことが目標のひとつです。付加価値のある高価格帯のビールを開発する余地もあると思いますし、進むと深める、2つの「シンカ(進化・深化)」を目指していかなければならないと考えています。

北海道開拓を原点とする貴社が、新たなフロンティアとして見据えているものを教えてください。

グループの中には食品事業もあり、現代のニーズに合った食品を取り揃えていくことにも挑戦しています。そういう意味では、業容拡大は新しいチャレンジのひとつではありますが、やはり第一にやるべきことは我々のベースであるビールの場を拡大することだと思います。日本のビールはうまいという評価をもっと勝ち得て、ヱビスビールやサッポロビールのブランド価値を世界へ広げていく。すでに、北米・欧州・アジア・オセアニア等、世界各国で展開しています。フロンティアの場は日本だけではないので、世界へ「潤い」と「豊かさ」を提供していきたいと思います。

  • AIが発達して人間の知能を超え、人間の生活に変化が起こる転換点(技術的特異点)。

【聞き手】三井住友銀行経営企画部CSR室長 末廣 孝信
日本総合研究所マネジャー 井上 岳一

PROFILE

尾賀 真城(おが まさき)

1982年、慶應義塾大学法学部を卒業後、サッポロビール株式会社へ入社。首都圏本部東京統括支社長、北海道本部長、営業本部長等を歴任し、2013年3月に代表取締役社長およびサッポロホールディングス株式会社(HD)の取締役兼グループ執行役員就任。2017年3月よりHDの代表取締役社長を務める。

会社概要

会社名
サッポロホールディングス株式会社
創業
1876年
本社
東京都渋谷区恵比寿4-20-1
資本金
538億8,600万円
代表者
代表取締役社長 尾賀 真城
事業内容
酒類事業、食品・飲料事業、外食事業、不動産事業等
URL
http://www.sapporoholdings.jp/