環境負荷軽減への取組

SMBCグループでは、「環境ビジネスの推進」「環境リスクへの対応」「環境負荷軽減への取組」の3つを環境活動の柱として推進しています。環境負荷の軽減においては、グループ会社ごとに目標を設定して多種多様な取組を展開しています。

マネジメントアプローチ

SMBCグループのアプローチ課題への認識

SMBCグループは社会課題への認識を踏まえ、2050年を展望し、グローバル金融グループとして、持続可能な社会の実現に貢献するため、国の目標と整合的な金融サービスを通じた温暖化対策への取組みを推進することを長期ビジョンとして掲げ、金融機能を活かした環境負荷軽減を目指しています。


グループ環境方針

基本理念

当社グループは、「持続可能な社会」の実現を重要課題のひとつであると認識し、地球環境保全および汚染の防止と企業活動との調和のため継続的な取組を行い、社会・経済に貢献します。

グループ環境方針

1.地球環境の維持向上に貢献できる商品・情報・ソリューションの提供を通じてお客さまの環境問題への対応をご支援します。

2.環境に関するリスクを認識し、当社および社会全体の環境リスクの低減を図ります。

3.省資源、省エネルギー、廃棄物の削減などの取組を通じ、社会的責任の履行を果たします。

4.環境関連法令・規則などを遵守します。

5.環境に関する情報を開示し、社内外との対話を通じて環境保全活動の継続的な改善を図ります。

6.本方針の従業員への徹底と社内教育に努めます。

7.「環境経営」を積極的、かつ効果的に実践するために、各事業年度に目的・目標を設定し、それらの見直しを行い、取組の継続的な改善に努めます。

8.本方針は、当社ホームページなどで公表し、外部からの要請があれば配付を行います。



SMBCグループのマネジメント

  • SMBCグループにおける環境マネジメントは、グループ環境方針、ISO14001を基盤としています。金融サービスにおいては、国連グローバル・コンパクトやエクエーター原則などのイニシアチブの指針・原則に基づいて事業を推進しています。
  • SMBCグループでは、「環境ビジネス」「環境リスク対応」「環境負荷軽減」の3つを環境配慮行動の柱として、毎年、温室効果ガス削減や省資源といった環境目標を設定し、PDCAサイクルにしたがって、温暖化対策への取組みを推進しています。

環境マネジメントシステム

SMBCグループは、グループCSuO(Chief Sustainability Officer)の監督のもと、ISO14001の要求事項に対応した独自のEMS (Environmental ManagementSystem:環境マネジメントシステム) 推進体制(※)を構築しています。

EMSでは、持株会社の三井住友フィナンシャルグループおよび主要なグループ会社8社である、三井住友銀行、 SMBC信託銀行、三井住友ファイナンス&リース(子会社であるSMFLレンタルを含む)、SMBC日興証券、三井住友カード、SMBCファイナンスサービス、SMBCコンシューマーファイナンス、日本総合研究所を適用範囲として運用を行っています。

(※)当社グループでは、1998年に、邦銀として初めて環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001認証を取得。その後、グループに拡充して運用を継続するとともに、外部機関による審査にて認証登録を維持してきましたが、2019年10月をもって認証登録を取下げ、自主運営に移行しています。認証登録は取下げましたが、ISO14001の要求事項に対応した独自のEMSを継続し、引き続き、環境への取組を推進しています。

また、環境教育として、年に一度、SMBCグループの全従業員向けに勉強会を実施し、従業員ひとりひとりの環境への意識醸成に取り組んでいます。

SMBCグループの環境データ

SMBC

SMBCグループは、環境活動を更に進めるために、活動の「見える化」に取り組んでいます。「見える化」の一環として、自社のオフィス使用による環境負荷データを開示しています。データは一般財団法人日本品質保証機構による第三者検証を取得しています。また、三井住友銀行では「環境会計」に基づく情報開示を行っています。
グループ各社の環境負荷データ、三井住友銀行の環境会計は、以下のリンク先をご覧ください。


SMBCグループの環境負荷データ

計測項目 単位 2018年度 2019年度 2020年度
直接的エネルギー 都市ガス 千m3 2,225 1,930 2,265
t-CO2 4,993 4,329 5,078
液化石油ガス(LPG) t 10 9 9
t-CO2 29 27 27
重油 kl 94 112 99
t-CO2 256 303 269
軽油 kl 3 3 1
t-CO2 7 8 4
灯油 kl 44 37 43
t-CO2 109 93 107
ガソリン(自動車) kl 4,080 3,776 2,551
t-CO2 9,470 8,765 5,921
間接的エネルギー 電力(※1) 千kWh 291,039 275,868 288,600
t-CO2(実排出係数) 136,081 121,784 123,863
電力(再生可能エネルギー) 千kWh - - 2,308
t-CO2(実排出係数) - - 997
蒸気 GJ 26,667 26,077 28,229
t-CO2 1,520 1,486 1,609
温水 GJ 3,397 6,607 7,471
t-CO2 194 377 477
冷水 GJ 48,986 42,797 38,793
t-CO2 2,792 2,439 2,267
その他エネルギー 出張(※2) t-CO2 18,432 39,020 5,633
通勤(※2) t-CO2 - - 15,496
上水 千m3 36 39 30
下水 千m3 36 39 30
上下水合計 千m3 2,662 2,303 2,195
t-CO2 1,195 1,033 984
合計値 直接的エネルギー
CO2排出量合計
t-CO2 14,863 13,526 11,405
間接的エネルギー
CO2排出量合計
t-CO2(実排出係数) 140,586 126,086 128,216
その他エネルギー
CO2排出量合計
t-CO2 19,628 40,053 22,112
CO2排出量合計 t-CO2(実排出係数) 175,077 179,665 161,734
CO2床面積当たり t-CO2/千m2
(実排出係数)
106 112 101
  • 2019年度実績が2018年度比増加した主な要因は、出張のCO2換算係数を環境省の「サプライチェーンを通じた組織の温室効果ガス排出等の算定のための排出原単位データベース」のver3.0に更新したことによるもの。
【対象バウンダリ】
  • 各項目は、以下のグループ各社の値を単純に合算した値。
    三井住友銀行、SMBC信託銀行、三井住友ファイナンス&リース、SMBC日興証券、三井住友カード、SMBCファイナンスサービス、SMBCコンシューマーファイナンス、日本総合研究所、三井住友DSアセットマネジメント
【CO2換算方法】
(※1)電気事業者ごとの実排出係数を使用。
(※2)環境省の「サプライチェーンを通じた組織の温室効果ガス排出等の算定のための排出原単位データベース」を参照。2018年度までは、Ver2.2、2019年度からはver3.0、2020年度はver3.1の換算計数を使用。なお、通勤交通費は所属従業員を算定対象としています。出向者(含む受入出向)、派遣職員等の通勤は含まれていません。
(※3)その他は、資源エネルギー庁提供の「エネルギ-使用に伴って発生するCO2排出量計算支援ツ-ル」を使用。
【第三者検証】

このデータは一般財団法人日本品質保証機構より第三者検証を取得しています。

温室効果ガス排出量およびエネルギー使用量の削減

温室効果ガス排出量の削減目標

SMBC Group

SMBCグループは、サステナビリティに関する長期計画「SMBC Group GREEN×GLOBE 2030」において、「SMBCグループが排出する温室効果ガス(以下GHG)を2030年に実質ゼロ」 という目標を掲げ、取組を進めています。
実現に向けては、事業活動で使用する電力について、非化石証書活用による再生可能エネルギー由来電力への切替等の施策により、GHG排出量を削減することを基本とします。削減しきれない排出量については、クレジットの購入等によりオフセットすることで、正味での排出量をゼロにします。

改正省エネ法への対応

SMBC

三井住友銀行は年間エネルギー使用量(原油換算)が1,500kl以上の企業(事業者)のため、省エネ法により、エネルギー管理体制の整備、中長期計画の作成および年1%以上のエネルギー消費原単位および電気の需要の平準化に資する措置を評価したエネルギー消費原単位の低減が義務付けられています。これらの義務を確実に果たすことに加え、同法に基づいた管理運営により、各事業所のエネルギー使用量低減にも取り組むなど、対応を進めています。

中小規模事業所を対象とした「地球温暖化対策報告書」の公表

SMBC

東京都内の拠点については、東京都「地球温暖化対策報告書制度」に基づき、各事業所での温暖化対策の取組状況、CO2の排出量などを報告・公表しています。


東京都環境局:中小企業事業所を対象とした「地球温暖化対策報告書制度」

(東京都のページに移動します)

商品・サービスを通じた環境負荷軽減

営業店端末を通じたペーパーレス化

ペーパーレスでの業務運営は、環境負荷の軽減やお客さまの利便性向上につながるだけではなく、各種手続書類からの情報漏えいリスクがなくなり、お客さまの個人情報保護の強化にもつながります。更に審査業務などがスムーズに行えるなど業務効率化の面でのメリットもあることから、グループ各社で積極的に取り組んでいます。


SMBC

三井住友銀行では、お客さまへのサービス向上を目的に、最先端のデジタル技術を活用したペーパーレス店舗の設置に取り組んでおります。2017年4月に「GINZA SIX」内にリニューアルオープンした銀座支店を皮切りに、全支店において「店頭取引ナビゲーション」「電子サイン」「電子印鑑」を活用した、店頭サービスのデジタル化を実現しました。
なお、この取組は公共社団法人企業情報化協会より評価され、「サービス・ホスピタリティ・アワード 2017」優秀賞、および「サービス・ホスピタリティ・アワード 2018」最優秀賞を受賞しております。


ペーパーレスへの取組 ペーパーレスへの取組

申込手続のペーパーレス化等

SMBC Cedyna SMBCCF

SMBCファイナンスサービスは、従来の複写式申込用紙から、ペーパーレスのクレジット申込ツールへの転換を進めています。インターネット上で申込手続が完結するWebクレジット「セディナC-Web」は、さまざまな入力デバイスからいつでも簡単に申込が可能で、ペーパーレス化によるお客さまの個人情報保護と加盟店さまのクレジット申込業務の効率化を同時に実現しています。
SMBCコンシューマーファイナンスは、アプリローンの積極的な展開によるカードレス取引の推進により、資源の消費抑制に取り組んでいます。
三井住友銀行が提供するスマートフォンアプリ「口座開設アプリ」は、ご本人さま確認書類とスマートフォンがあれば、簡単・便利に口座が開設できるサービスです。
いずれも、お客さまの利便性向上とともに、紙資源の使用量抑制にもつながっています。


申込手続のペーパーレス化 申込手続のペーパーレス化 申込手続のペーパーレス化

明細書のペーパーレス化

SMBC Cedyna Cedyna Cedyna

三井住友銀行、三井住友カード、SMBCファイナンスサービス、SMBCコンシューマーファイナンスは、お客さまにご参加いただく環境への取組として、紙の明細書からインターネットでご覧いただく「WEB明細書サービス」や「Web通帳」への切替を推進しています。
また、三井住友銀行では従来お客さまへ郵送などでお届けしていた運用商品やローン商品に関する各種報告書を、インターネットを通じてご覧いただく「eレポートサービス」を提供しています。

個人向け国債『SMBCグリーンプログラム』

SMBC

三井住友銀行では、お客さまの個人向け国債の購入に応じて、同行が収益の一部を使って、育林プロジェクトへの寄付をはじめとする温室効果ガス排出削減への取組を行う「個人向け国債『SMBCグリーンプログラム』」を実施しています。このプログラムを通じて、お客さま一人あたり、①100kg相当の温室効果ガスの削減、または②1m2相当の育林(森林整備等)を行うことで、お客さまとともに地球環境保全に取り組んでいます。

具体的な取組については、以下のリンク先をご覧ください。

三井住友銀行:個人向け国債『SMBCグリーンプログラム』

クレジットカードを通じた環境への貢献~地球にやさしいカードの発行

Cedyna

SMBCファイナンスサービスは、「ごく普通に使うだけで、地球のために寄付できる」をコンセプトにした「地球にやさしいカード」を発行しています。地球環境保護をテーマにした12種類のカードがあり、「地球にやさしいカード」でカードショッピングをご利用いただくと、カード会員さまのご負担なくSMBCファイナンスサービスからご利用金額の0.5%が自動的に(公財)緑の地球防衛基金を通じて保護・研究団体へ寄付されます。また、寄付金がどのように役立てられたのかをカード会員さまが確認できるよう、ホームページで寄付先の団体の活動状況をお知らせしています。
地球にやさしいカードは、1991年より発行しており、2019年度の寄付額は約1,500万円、累計寄付総額は約7億6,224万円となっています。

具体的な取組については、以下のリンク先をご覧ください。

SMBCファイナンスサービス:事業活動を通じた環境への取り組み

リースにおける環境リスクの低減

SMFL

三井住友ファイナンス&リースは、リース満了物件の処分にあたり、産業廃棄物の不法投棄などによる環境汚染を防止するため、環境関連法規制の遵守を徹底しているほか、廃棄物の運搬・処分委託業者を慎重に選定するため、毎年1回、委託先に対して遵法性を中心とした多面的な評価と、現地調査・ヒアリングなどの多面的なアセスメントを行っています。

自社における環境負荷軽減

建物における環境配慮対応

SMBC

三井住友銀行は、環境に配慮した建築物を、事業所として積極的に採用しています。

本店ビルディングは、雨水貯留設備・太陽光発電設備の導入、屋上緑化の実施、人感センサーの導入、リサイクル材の採用など、さまざまな環境対策を実施することで、2010年竣工時における東京都の平均的な建物と比較し、年間CO2排出量を30%相当削減できる設計となっています。例えば空調設備では、高効率空調フィルターのリサイクル効果と省エネ効果により、年間187トン(スギ1万3千本(人工林面積約15ha相当)の年間吸収量に相当)のCO2が削減されています。



2015年夏にオープンした東館

2015年夏にオープンした東館は、本店ビルディングで実施した環境対策に加え、全館LED照明化、外壁性能の向上などの施策を導入しており、2015年竣工時における東京都の平均的な建物と比較し、年間CO2排出量を35%相当削減できる設計となっています。これらの環境対策により、建築物を環境性能で評価・格付けするCASBEE評価の「Sランク」や、世界的な環境認証であるLEED-CI評価「Platinum」を取得しています。
また、東館で使用する電力の一部を、CO2を排出しない水力発電を用いた電力商品(東京電力エナジーパートナー「アクアプレミアム(※)」に切り替えています。
(※)アクアプレミアムは、東京電力グループの一般水力発電(揚水発電およびFIT電気を除く)で発電された電気。発電の際にCO2を排出しない水力発電のみの電力であり、多数の水力発電から電気を調達することにより、昼夜を問わず安定的に電気の供給が可能。(FITは、再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束する「固定価格買取制度」のこと)



改修工事を終えた大阪本店

大阪本店ビルは、2015年度に完了した大規模改修工事を契機に、歴史的建造物である施設の持つ魅力を残しつつ、外壁サッシの高性能化、LED照明の採用、太陽光パネルの設置などを行い、環境性能を格段に高めています。



ベルギーのブラッセル支店BREEAM(The Building Research Establishment Environmental Assessment Method)

海外でも、環境に配慮した建物を採用する取組を進めており、ベルギーのブラッセル支店はBREEAM(The Building Research Establishment Environmental Assessment Method)という、建物の環境性能を評価する審査手法により認証を得た建物の中に事務所を構えています。

その他の取組


環境負荷軽減に向けた社内ルール

SMBC SMCC Cedyna SMBCCF
物品の購入、使用、廃棄・リサイクルの各段階において、省資源に向けた取組を進めています。
例えば、三井住友銀行では、購入段階では大量に使用するコピー用紙について、サプライヤーが公表している環境への考え方に則り、原料調達・生産が適切に行われたことなどを確認し、グリーン購入法適合品などの環境に配慮した紙を購入しています。使用段階では、ペーパーレス会議の推進や、独自に定めた社内ルールに則って、使用量の削減に努めています。廃棄・リサイクル段階でも、紙ごみの廃棄量削減目標を掲げ、取組を進めています。
また、三井住友カード、SMBCファイナンスサービス、SMBCコンシューマーファイナンスにおいても、各社独自に定めた社内ルールに則って、省資源・省エネ・ゴミ分別に向けた取組を進めています。

グリーン購入

SMBC SMBC Nikko SMCC Cedyna
オフィス用品などを購入する際に、環境を考慮し、環境への負荷ができるだけ少ないものを選んで購入する「グリーン購入」を導入しています。

不要文書の行内リサイクル

SMBC

廃棄物量の削減やペーパーレスを積極的に進めるとともに、本店ビル内に オフィス製紙機「ペーパーラボ」を設置し、本部内の不要文書の一部を同行内で新たな紙として再生しています。
「ペーパーラボ」は、不要文書を外部に搬出せずに新たな紙として再生させる機器であり、セイコーエプソンにより開発されました。従来の製紙機に比べ水の使用量も大幅に削減できるという特長があります。紙を新規に購入する場合と比較すると、調達に係る環境負荷の低減効果が見込まれます。
できあがった紙は行内外での活用を進めるとともに、オフィス内でのリサイクル推進という観点から、従業員の分別・リサイクル意識の向上も図っています。

不要文書の行内リサイクル

プラスチックストローの廃止

SMBC
社員食堂や喫茶スペースにおけるプラスチックストローの配布を廃止しています。(本部ビルのみ)

PCモニターの活用、文房具のリサイクル

SMBC Trust
モニターの活用などによる印刷や両面印刷活用による利用枚数の削減、事務用品のリサイクルボックスを設置するなど省資源と廃棄物削減に取り組んでいます。